>   楽器別   >   テナー・サックス   >   ジミー・ヒース

ジミー・ヒース (Jimmy Heath)

ジミー・ヒース『ピクチャー・オブ・ヒース』

ジミー・ヒース
アメリカのジャズ・テナー・サックス奏者。
1926年10月25日ペンシルバニア州フィラデルフィア生まれ。

兄はパーシー・ヒース(b)、弟はアルバート・ヒース(ds)。

1947~48年、ハワード・マギー(tp)のバンドに在籍。

1949~50年、ディジー・ガレスピー楽団に在籍。

マイルス・デイヴィス(tp)、ケニー・ドーハム(tp)、ギル・エヴァンス(p, arr)、ミルト・ジャクソン(vib)、アート・ファーマー(tp)等と共演。

1959年11月27&30日、デビュー・アルバム『ザ・サンパー(The Thumper)』を録音。ナット・アダレイ(cor)、カーティス・フラー(tb)、ウィントン・ケリー(p)、ポール・チェンバース(b)、アルバート・ヒース(ds)が参加。

1960年6月24&28日、『リアリー・ビッグ!(Really Big!)』を録音。ナット・アダレイ(cor)、クラーク・テリー(tp, flh)、トム・マッキントッシュ(tb)、ディック・バーグ(frh)、パット・パトリック(bs)、キャノンボール・アダレイ(as)、トミー・フラナガン(p)、パーシー・ヒース(b)、アルバート・ヒース(ds)が参加。

1961年4月14&20日、『ザ・クォータ(The Quota)』を録音。フレディ・ハバード(tp)、ジュリアス・ワトキンス(frh)、シダー・ウォルトン(p)、パーシー・ヒース(b)、アルバート・ヒース(ds)が参加。

1961年6月、エルモ・ホープ(p)のアルバム『ホームカミング(Homecoming)』に参加。

1962年1月4&7日、『トリプル・スレット(Triple Threat)』を録音。フレディ・ハバード(tp)、ジュリアス・ワトキンス(frh)、シダー・ウォルトン(p)、パーシー・ヒース(b)、アルバート・ヒース(ds)が参加。

1963年3月11&28日、『スワンプ・シード(Swamp Seed)』を録音。ドナルド・バード(tp)、ジュリアス・ワトキンス(frh)、ジム・バフィントン(frh)、ドン・バターフィールド(tu)、ハービー・ハンコック(p)、ハロルド・メイバーン(p)、パーシー・ヒース(b)、アルバート・ヒース(ds)、コニー・ケイ(ds)が参加。

1964年、『オン・ザ・トレイル(On the Trail)』を録音。ケニー・バレル(g)、ウィントン・ケリー(p)、ポール・チェンバース(b)、アルバート・ヒース(ds)が参加。

1965年5月8日、カーメル・ジョーンズ(tp)のアルバム『ジェイ・ホーク・トーク(Jay Hawk Talk)』に参加。

1970年6月1日、チャールズ・アーランド(org)のアルバム『ブラック・ドロップス(Black Drops)』に参加。

1973年9月17日、ドン・パターソン(org)のアルバム『ジーズ・アー・ソウルフル・デイズ(These Are Soulful Days)』に参加。

1975年、パーシー・ヒース(b)、スタンリー・カウエル(p)、アルバート・ヒース(ds)とともに「ヒース・ブラザーズ(The Heath Brothers)」を結成。

1975年9月22日、『ピクチャー・オブ・ヒース(Picture of Heath)』を録音。バリー・ハリス(p)、サム・ジョーンズ(b)、ビリー・ヒギンズ(ds)が参加。

1993年6月、ダスコ・ゴイコビッチ(tp)のアルバム『ソウル・コネクション(Soul Connection)』に参加。