>   楽器別   >   トロンボーン   >   カーティス・フラー

カーティス・フラー (Curtis Fuller)

カーティス・フラー『カーティス・フラー Vol. 3』
Amazon.co.jp

カーティス・フラー
アメリカのジャズ・トロンボーン奏者。
1934年12月15日ミシガン州デトロイト生まれ。

1955~56年、デトロイトでケニー・バレル(g)、ユセフ・ラティーフ(ts)等と共演。
1957年、ニューヨークへ進出。

1957年5月11日、デビュー・アルバム『ニュー・トロンボーン(New Trombone)』を録音。ソニー・レッド(as)、ハンク・ジョーンズ(p)、ダグ・ワトキンス(b)、ルイ・ヘイズ(ds)が参加。

1957年7月21日、ソニー・クラーク(p)のアルバム『ダイアル・S・フォー・ソニー(Dial "S" for Sonny)』に参加。

1957年9月15日、ジョン・コルトレーン(ts)のアルバム『ブルー・トレイン(Blue Train)』に参加。

1957年12月1日、『カーティス・フラー Vol. 3(Curtis Fuller Volume 3)』を録音。アート・ファーマー(tp)、ソニー・クラーク(p)、ジョージ・タッカー(b)、ルイ・ヘイズ(ds)が参加。「トゥ・レイト・ナウ(Too Late Now)」を収録。

1958年1月22日、『トゥー・ボーンズ(Two Bones)』を録音。スライド・ハンプトン(tb)、ソニー・クラーク(p)、ジョージ・タッカー(b)、アル・ヘアウッド(ds)が参加。

1958年7月2&3日、ブルー・ミッチェル(tp)のアルバム『ビッグ6(Big 6)』に参加。

1959年5月、フィリー・ジョー・ジョーンズ(ds)のアルバム『ドラムス・アラウンド・ザ・ワールド(Drums Around the World)』に参加。

1959年5月21日、『ブルースエット(Blues-Ette)』を録音。ベニー・ゴルソン(ts)、トミー・フラナガン(p)、ジミー・ギャリソン(b)、アル・ヘイウッド(ds)が参加。「ファイブ・スポット・アフター・ダーク(Five Spot After Dark)」を収録。

1959~60年、アート・ファーマー(tp)・ベニー・ゴルソン(ts)のジャズテットの創立メンバーとして在籍。

1959年11月27&30日、ジミー・ヒース(ts)のアルバム『ザ・サンパー(The Thumper)』に参加。

1961~65年、アート・ブレイキー&ジャズ・メッセンジャーズに参加。

1961年2月2日、フィリー・ジョー・ジョーンズ(ds)とエルヴィン・ジョーンズ(ds)との共演盤『トゥゲザー!(Together!)』に参加。

1961年8月23日、『サウス・アメリカン・クッキン(South American Cookin')』を録音。ズート・シムズ(ts)、トミー・フラナガン(p)、ジミー・メリット(b)、デイヴ・ベイリー(ds)が参加。「ワン・ノート・サンバ(One Note Samba)」、「枯葉(Autumn Leaves)」を収録。

1961年11月15~17日、『ソウル・トロンボーン(Soul Trombone)』を録音。フレディ・ハバード(tp)、ジミー・ヒース(ts)、シダー・ウォルトン(p)、ジミー・メリット(b)、ジミー・コブ(ds)等が参加。

1971年7月27&28日、『クランキン(Crankin')』を録音。ビル・ハードマン(tp)、レイ・モレス(ts)、ジョージ・ケイブルス(p)、ビル・ウォッシャー(g)、スタンリー・クラーク(b)、レニー・ホワイト(ds)が参加。