>   楽器別   >   テナー・サックス   >   ハンク・モブレー

ハンク・モブレー (Hank Mobley)

ハンク・モブレー『ソウル・ステーション』

ハンク・モブレー
アメリカのジャズ・テナー・サックス奏者。
1930年7月7日ジョージア州イーストマン生まれ。
ニュージャージー州ニューアークで育つ。
1986年5月30日肺炎のためフィラデルフィアで死去。

マックス・ローチ(ds)、タッド・ダメロン(p, arr)、ディジー・ガレスピー(tp)等と共演。
その後、ホレス・シルヴァー・カルテットに参加。

1953年4月10&21日、マックス・ローチ(ds)のアルバム『フィーチャリング・ハンク・モブレー(The Max Roach Quartet featuring Hank Mobley)』に参加。

1954年12月&1955年2月、ホレス・シルヴァー(p)のアルバム『ホレス・シルヴァー&ザ・ジャズ・メッセンジャーズ(Horace Silver and the Jazz Messengers)』に参加。

1955年1&3月、ケニー・ドーハム(tp)のアルバム『アフロ・キューバン(Afro-Cuban)』に参加。

1955年11月23日、ジャズ・メッセンジャーズのアルバム『カフェ・ボヘミアのジャズ・メッセンジャーズ Vol. 1, 2(At the Cafe Bohemia Vol. 1, 2)』に参加。

1956年5月7日、エルモ・ホープ(p)のアルバム『インフォーマル・ジャズ(Informal Jazz)』に参加。

1956年7月20日、『モブレーズ・メッセージ(Mobley's Message)』を録音。ドナルド・バード(tp)、ジャッキー・マクリーン(as)、バリー・ハリス(p)、ダグ・ワトキンス(b)、アート・テイラー(ds)が参加。

1956年7月27日、『モブレーズ・セカンド・メッセージ(Mobley's 2nd Message)』を録音。ケニー・ドーハム(tp)、ウォルター・ビショップ・ジュニア(p)、ダグ・ワトキンス(b)、アート・テイラー(ds)が参加。

1956年12月8日、ダグ・ワトキンス(b)のアルバム『ワトキンス・アット・ラージ(Watkins at Large)』に参加。

1957年2月10日、ケニー・バレル(g)のアルバム『K.B.ブルース(K. B. Blues)』に参加。

1957年3月8日、『ハンク・モブレー・クインテット(Hank Mobley Quintet)』を録音。アート・ファーマー(tp)、ホレス・シルヴァー(p)、ダグ・ワトキンス(b)、アート・ブレイキー(ds)が参加。

1957年7月21日、ソニー・クラーク(p)のアルバム『ダイアル・S・フォー・ソニー(Dial "S" for Sonny)』に参加。

1957年10月20日、『ポッピン(Poppin')』を録音。アート・ファーマー(tp)、ペッパー・アダムス(bs)、ソニー・クラーク(p)、ポール・チェンバース(b)、フィリー・ジョー・ジョーンズ(ds)が参加。

1958年2月9日、『ペッキン・タイム(Peckin' Time)』を録音。リー・モーガン(tp)、ウィントン・ケリー(p)、ポール・チェンバース(b)、チャーリー・パーシップ(ds)が参加。

1960~62年、マイルス・デイヴィス・クインテットに参加。

1960年2月7日、最高傑作『ソウル・ステーション(Soul Station)』を録音。ウィントン・ケリー(p)、ポール・チェンバース(b)、アート・ブレイキー(ds)が参加。1曲目の「リメンバー(Remember)」は名演。

1960年11月13日、『ロール・コール(Roll Call)』を録音。フレディ・ハバード(tp)、ウィントン・ケリー(p)、ポール・チェンバース(b)、アート・ブレイキー(ds)が参加。

1961年2月2日、フィリー・ジョー・ジョーンズ(ds)とエルヴィン・ジョーンズ(ds)との共演盤『トゥゲザー!(Together!)』に参加。

1961年3月、マイルス・デイヴィス(tp)のアルバム『サムデイ・マイ・プリンス・ウィル・カム(Someday My Prince Will Come)』に参加。

1961年3月26日、『ワークアウト(Workout)』を録音。グラント・グリーン(g)、ウィントン・ケリー(p)、ポール・チェンバース(b)、フィリー・ジョー・ジョーンズ(ds)が参加。

1961年3月26日&12月5日、『アナザー・ワークアウト(Another Workout)』を録音。ウィントン・ケリー(p)、ポール・チェンバース(b)、フィリー・ジョー・ジョーンズ(ds)が参加。

1961年4月21&22日、マイルス・デイヴィス(tp)のライヴ・アルバム『ブラックホークのマイルス・デイヴィス(In Person Friday and Saturday Nights at the Blackhawk)』に参加。

1963年3月7日&10月2日、『ノー・ルーム・フォー・スクエアーズ(No Room for Squares)』を録音。リー・モーガン(tp)、ドナルド・バード(tp)、ハービー・ハンコック(p)、ジョン・オー(b)、ブッチ・ウォーレン(b)、フィリー・ジョー・ジョーンズ(ds)が参加。

1963年12月9日、フレディ・ローチ(org)のアルバム『グッド・ムーヴ(Good Move!)』に参加。

1965年3月31日、グラント・グリーン(g)のアルバム『抱きしめたい(I Want to Hold Your Hand)』に参加。

1965年6月18日、『ディッピン(Dippin')』を録音。リー・モーガン(tp)、ハロルド・メイバーン(p)、ラリー・リドレイ(b)、ビリー・ヒギンズ(ds)が参加。「リカード・ボサ・ノヴァ(Recado Bossa Nova)」が大ヒットした。

1970~72年、シダー・ウォルトン(p)とクインテットを結成して活動した。