>   楽器別   >   ギター   >   マンデル・ロウ

マンデル・ロウ (Mundell Lowe)

マンデル・ロウ『ザ・マンデル・ロウ・クァルテット』
Amazon.co.jp

マンデル・ロウ
アメリカのジャズ・ギタリスト。
1922年4月21日ミシシッピ州ローレル生まれ。

13歳のとき、ニューオリンズに移住。「バーボン・ストリート・クラブ」の専属となった。

その後、スタジオ・ワークが中心となるが、1970年代半ばからジャズ・ギタリストとしての活動も再開した。

90年代はアンドレ・プレヴィン(p)とも共演した。

1955年、カーメン・マクレエ(vo)のアルバム『バイ・スペシャル・リクエスト(By Special Request)』に参加。

1955年8月27日&10月4日、『ザ・マンデル・ロウ・クァルテット(The Mundell Lowe Quartet)』を録音。ディック・ハイマン(p, org)、トリガー・アルパート(b)、エド・ショーネシー(ds)が参加。

1956年2月20日&3月2日、『ギター・ムーズ(Guitar Moods)』を録音。アル・クリンク(bcl, fl)、フィル・ボドナー(oboe)、トリガー・アルパート(b)、エド・ショーネシー(ds)が参加。

1957年3月7日&4月10日、『ア・グランド・ナイト・フォー・スウィンギング(A Grand Night For Swinging)』を録音。ビリー・テイラー(p)、レス・グリネージ(b)、エド・シグペン(ds)、ジーン・クイル(as)が参加。

1958年7&10月、『ポーギー&ベス(Porgy & Bess)』を録音。アート・ファーマー(tp)、ドン・エリオット(mellophone, vib)、トニー・スコット(cl, bs)、ベン・ウェブスター(ts)、ジョージ・デュヴィヴィエ(b)、オーシー・ジョンソン(ds)、エド・ショーネシー(ds)が参加。

1958年9月、ブロッサム・ディアリー(vo)のアルバム『ワンス・アポン・ア・サマータイム(Once Upon a Summertime)』に参加。

1959年2月3~5日、『TVアクション・ジャズ(TV Action Jazz!)』を録音。ドナルド・バード(tp)、ジミー・クリーヴランド(tb)、ハービー・マン(fl, ts)、トニー・スコット(cl, bs)、エディ・コスタ(p, vib)、ドン・ペイン(b)、エド・ショーネシー(ds)が参加。

1961年7月18日、サラ・ヴォーン(vo)のアルバム『アフター・アワーズ(After Hours)』に参加。

1974年、『カリフォルニア・ギター(California Guitar)』をリリース。

1976年、リッチー・カミューカ(ts)のアルバム『リッチー・カミューカ・カルテット1976(Richie Kamuca Quartet 1976)』に参加。

1991年8月24日、アンドレ・プレヴィン(p)のアルバム『オールド・フレンズ(Old Friends)』に参加。