>   楽器別   >   ヴォーカル   >   カーメン・マクレエ

カーメン・マクレエ (Carmen McRae)

カーメン・マクレエ『ブック・オブ・バラーズ』

カーメン・マクレエ
アメリカのジャズ・シンガー/ピアニスト。
1920年4月8日ニューヨーク・ハーレム生まれ。
1994年11月10日カリフォルニア州ビバリーヒルズにて死去。

1944年、ベニー・カーター楽団、カウント・ベイシー楽団に短期間参加。

ケニー・クラーク(ds)と結婚し、1946~47年にかけてマーサー・エリントン楽団に在籍。

1955年、『バイ・スペシャル・リクエスト(By Special Request)』を録音。マット・マシューズ(accor)、ハービー・マン(fl)、マンデル・ロウ(g)、ディック・カッツ(p)、ビリー・ストレイホーン(p)、ウェンデル・マーシャル(b)、ケニー・クラーク(ds)が参加。

1957年3&4月、『アフター・グロウ(After Glow)』を録音。レイ・ブライアント(p)、アイク・アイザックス(b)、スペックス・ライト(ds)が参加。

1958年12月、『ブック・オブ・バラーズ(Book of Ballads)』を録音。フランク・ハンター・オーケストラ、ドン・アブニー(p)、ジョー・ベンジャミン(b)、チャーリー・スミス(ds)が参加。

1965年11月3~21日、ヴィレッジ・ゲイトでのライヴ盤『ウーマン・トーク(Woman Talk)』を録音。

1971年11月、ライヴ盤『グレート・アメリカン・ソング・ブック(The Great American Songbook)』を録音。ジョー・パス(g)、ジミー・ロウルズ(p)、チャック・ドマニコ(b)、チャック・フローレス(ds)が参加。

1978年11&12月、『カミング・ホーム・アゲイン(I'm Coming Home Again)』を録音。フレディ・ハバード(tp, flh)、ハンク・クロフォード(as)、グローヴァー・ワシントンJr.(ss)、コーネル・デュプリー(g)、ヒューバート・ローズ(fl)、バスター・ウィリアムス&(b)、クリス・パーカー(ds)が参加。「バースト・イン・ウィズ・ザ・ドーン(Burst In With The Dawn)」を収録。

1982年、カル・ジェイダー(vib)との共演盤『ヒート・ウェイヴ(Heat Wave)』をリリース。ポンチョ・サンチェス(cga)が参加。「スピーク・ロウ(Speak Low)」、「ベサメ・ムーチョ(Besame Mucho)」、「ドゥ・ナッシン・ティル・ユウ・ヒア・フロム・ミー(Do Nothin' Till You Hear From Me)」を収録。

1986年7月、『エニー・オールド・タイム(Any Old Time)』を録音。クリフォード・ジョーダン(ts)、ジョン・コリンズ(g)、エリック・ガニソン(p)、スコット・コリー(b)、マーク・プライス(ds)が参加。