>   楽器別   >   ヴォーカル   >   ロレツ・アレキサンドリア

ロレツ・アレキサンドリア (Lorez Alexandria)

ロレツ・アレキサンドリア『ザ・グレイト』

ロレツ・アレキサンドリア
アメリカのジャズ・シンガー。
1929年8月14日イリノイ州シカゴ生まれ。
2001年5月21日ロサンゼルスで死去。

1961年からロサンゼルスを中心に活躍した。

1957年2月25日、『ジス・イズ・ロレツ(This Is Lorez)』をリリース。

1957年11月6&13日、レスター・ヤング(ts)へのトリヴュート・アルバム『ロレツ・シングス・プレス(Lorez Sings Pres)』を録音。

1960年3月15&17日、『アーリー・イン・ザ・モーニング(Early in the Morning)』を録音。

1962年2月13&14日、『ディープ・ルーツ(Deep Roots)』を録音。

1963年1月2&3日、『フォー・スウィンガーズ・オンリー(For Swingers Only)』を録音。

1964年、『ザ・グレイト(Alexandria the Great)』を録音。ウィントン・ケリー(p)、アル・マッキボン(b)、ジミー・コブ(ds)が参加。