>   楽器別   >   トランペット   >   クリフォード・ブラウン

クリフォード・ブラウン (Clifford Brown)

クリフォード・ブラウン『スタディ・イン・ブラウン』

クリフォード・ブラウン
アメリカのジャズ・トランペッター。
1930年10月30日デラウェア州ウィルミントン生まれ。
1956年6月26日ペンシルベニア州で交通事故により死去。

愛称は「ブラウニー(Brownie)」。

デラウェア州立大学で数学を学んだ後、メリーランド州立大学で音楽を学んだ。

1952年&1956年、『ザ・ビギニング・アンド・ジ・エンド(Beginning & The End)』を録音。

1953年6月&8月、ブルーノートに『メモリアル・アルバム(Memorial Album)』を録音。

1953年6月&9月、プレスティッジに『クリフォード・ブラウン・メモリアル・アルバム(Memorial)』を録音。アート・ファーマー(tp)、アルネ・ドムネラス(as)が参加。「ストックホルム・スウィートニン(Stockholm Sweetnin')」を収録。

1953年9月&10月、『パリ・コレクション(The Paris Collection)』を録音。

1954年3月、マックス・ローチ(ds)と双頭バンドを結成。

1954年4&8月、『ブラウン=ローチ・イン・コンサート(Max Roach And Clifford Brown In Concert)』を録音。ハロルド・ランド(ts)、テディ・エドワーズ(ts)、リッチー・パウエル(p)、カール・パーキンス(p)、マックス・ローチ(ds)が参加。

1954年7&8月、『ジャズ・イモータル(Jazz Immortal)』を録音。ズート・シムズ(ts)、ステュ・ウィリアムソン(vtb)、ラス・フリーマン(p)、シェリー・マン(ds)が参加。

1954年8月、『ブラウン・ローチ・インコーポレイテッド(Brown and Roach Incorporated)』を録音。ハロルド・ランド(ts)、リッチー・パウエル(p)、ジョージ・モロウ(b)、マックス・ローチ(ds)が参加。

1954年8月、ダイナ・ワシントン(vo)のライヴ・アルバム『ダイナ・ワシントン・ウィズ・クリフォード・ブラウン(Dinah Jams)』に参加。

1954年8月&1955年2月、『クリフォード・ブラウン・アンド・マックス・ローチ(Clifford Brown & Max Roach)』を録音。ハロルド・ランド(ts)、リッチー・パウエル(p)、ジョージ・モロウ(b)、マックス・ローチ(ds)が参加。

1954年12月22&24日、ヘレン・メリル(vo)のアルバム『ヘレン・メリル・ウィズ・クリフォード・ブラウン(Helen Merrill)』に参加。

1955年1月、『クリフォード・ブラウン・ウィズ・ストリングス(Clifford Brown with Strings)』を録音。

1955年2月、『スタディ・イン・ブラウン(Study in Brown)』を録音。ハロルド・ランド(ts)、リッチー・パウエル(p)、ジョージ・モロウ(b)、マックス・ローチ(ds)が参加。

1956年1&2月、『アット・ベイズン・ストリート(Clifford Brown and Max Roach at Basin Street)』を録音。ソニー・ロリンズ(ts)、リッチー・パウエル(p)、ジョージ・モロウ(b)、マックス・ローチ(ds)が参加。