>   楽器別   >   ギター   >   アッティラ・ゾラー

アッティラ・ゾラー (Attila Zoller)

アッティラ・ゾラー『コモン・コウズ』
Amazon.co.jp

アッティラ・ゾラー
ハンガリー出身のジャズ・ギタリスト。
1927年6月13日ビゼグラッド生まれ。
1998年1月25日ヴァーモント州ブラットルボローで死去。

1954~55年、ユタ・ヒップ(p)と西ドイツで共演。

1959年、アメリカへ移住。
1962~65年、ハービー・マン楽団に参加。

1964年2~4月、デイヴ・パイク(vib)のアルバム『マンハッタン・ラテン(Manhattan Latin)』に参加。

1965年3月、『ザ・ホライズン・ビヨンド(The Horizon Beyond)』を録音。ドン・フリードマン(p)、バール・フィリップス(b)、ダニエル・ユメール(ds)が参加。

1966年2月、ドン・フリードマン(p)のアルバム『メタモルフォーシス(Metamorphosis)』に参加。

1966年、レッド・ノーヴォ(vib)のグループに参加。

1969年7月、『ジプシー・クライ(Gypsy Cry)』を録音。ルー・タバキン(tarogato)、ハービー・ハンコック(p)、レジー・ワークマン(b)、ヴィクター・ガスキン(b)、ジェラルド・ソニー・ブラウン(ds)が参加。

1973年、ジム・ホール(g)と共演

1979年5~10月、『コモン・コウズ(Common Cause)』を録音。ロン・カーター(b)、ジョー・チェンバース(ds)が参加。

1979年6月、ジミー・レイニー(g)の共演盤『ジム・アンド・アイ(Jim and I)』をリリース。