>   楽器別   >   ボサノヴァ/MPB   >   アストラッド・ジルベルト

アストラッド・ジルベルト (Astrud Gilberto)

アストラッド・ジルベルト『ジルベルト・ウィズ・タレンタイン』
Amazon.co.jp

アストラッド・ジルベルト
ブラジルのボサノヴァ・シンガー。
1940年3月29日バイーア州サルバドール生まれ。

近所に住んでいたナラ・レオン(vo)の自宅でジョアン・ジルベルト(g, vo)と出会い、1959年に結婚。

1963年、スタン・ゲッツ(ts)とジョアン・ジルベルト(g, vo)との共演盤『ゲッツ/ジルベルト(Getz/Gilberto)』の中で「イパネマの娘(The Girl from Ipanema)」と「コルコヴァード(Corcovado)」にヴォーカルで参加、「イパネマの娘」はシングル・カットされ大ヒットとなった。

1964年、ジョアン・ジルベルトと離婚。

1964年、スタン・ゲッツ(ts)との共演盤『ゲッツ・オー・ゴー・ゴー(Getz Au Go Go)』をリリース。

1965年、ファースト・ソロアルバム『おいしい水(The Astrud Gilberto Album)』をリリース。

1967年、『ビーチ・サンバ(Beach Samba)』をリリース。アレンジ・指揮はデオダートドン・セベスキー。「ステイ(Stay)」、「ミスティ・ローゼズ(Misty Roses)」を収録。

1967年、ワルター・ワンダレイ(org)との共演盤『サマー・サンバ(A Certain Smile, a Certain Sadness)』をリリース。「ソー・ナイス(サマー・サンバ)(So Nice (Summer Samba))」を収録。

1968年、アメリカン・ポップ・アルバム『ウィンディ(Windy)』をリリース。アレンジ・指揮はデオダートドン・セベスキー、他。

1971年1~4月、スタンリー・タレンタイン(ts)との共演盤『ジルベルト・ウィズ・タレンタイン(Gilberto with Turrentine)』を録音。アレンジ・指揮はデオダート(el-p)。「ウォンティング・シングス(Wanting Things)」、「ブラジルのつづれ織り(Brazilian Tapestry)」、「ポンティオ(Ponteio)」、「ベラ・クルス(Vera Cruz)」、「太陽をつかもう(Where There's a Heartache)」を収録。

1983年2月、向井滋春(tb)との共演盤『SO&SO』をリリース。イリアーヌ(p)、ホルヘ・ダルト(p)、ジェフ・ミロノフ(g)、アンソニー・ジャクソン(b)、オマー・ハキム(ds)、ギレルミ・フランコ(per)、マノーロ・バドレーナ(per)が参加。