>   楽器別   >   オルガン   >   リチャード・グルーヴ・ホルムズ

リチャード・グルーヴ・ホルムズ (Richard "Groove" Holmes)

リチャード・グルーヴ・ホルムズ『ソウル・メッセージ』

リチャード・グルーヴ・ホルムズ
アメリカのソウル・ジャズ・オルガン奏者。
1931年5月2日ニュージャージー州カムデン生まれ。
1991年6月29日ミズーリ州セントルイスで死去。

ミドルネームの「グルーヴ」は愛称。

1962年4月、レス・マッキャン(p)との共演盤『サムシン・スペシャル(Somethin' Special)』を録音。ジョー・スプリンク(ts, as)、ジョー・パス(g)、ロン・ジェファーソン(ds)が参加。

1965年8月3日、『ソウル・メッセージ(Soul Message)』を録音。ジーン・エドワーズ(g)、ジミー・スミス(ds)が参加。「ダフード(Daahoud)」、「ミスティ(Misty)」、「ソング・フォー・マイ・ファーザー(Song for My Father)」を収録。

1966年4月22日、『リヴィング・ソウル(Living Soul)』を録音。ジーン・エドワーズ(g)、ジョージ・ランダル(ds)が参加。「イパネマの娘(The Girl from Ipanema)」を収録。

1970年、アーニー・ワッツ(ts)との共演盤『カム・トゥゲザー(Come Together)』をリリース。

1971年5月19日、『カミン・オン・ホーム(Comin' on Home)』を録音。ジェラルド・ハバード(g)、ウェルドン・アーヴィン(p)、ジェリー・ジェモット(b)、ダリル・ワシントン(ds)、レイ・アルマンド(cga)が参加。「グルーヴィン・フォー・Mr.G(Groovin' for Mr. G.)」を収録。

1973年、ジミー・マクグリフ(org)との共演盤『ジャイアンツ・オブ・オルガン・カム・トゥギャザー(Giants Of The Organ Come Together)』を録音。オドネル・レヴィ(g)、ジョージ・フリーマン(g)、バーナード・パーディ(ds)等が参加。

1973年、ジミー・マクグリフ(org)との共演盤『ジャイアンツ・オブ・オルガン・イン・コンサート(Giants Of The Organ In Concert)』を録音。オドネル・レヴィ(g)、レオン・クック(g)、マーク・エルフ(g)、マイク・モス(ds)等が参加。

1974年、『ニュー・グルーヴ(New Groove)』を録音。オドネル・レヴィ(g)、レオン・クック(g)、バーナード・パーディ(ds)等が参加。「メディテーション(Meditation)」、「ハウ・インセンシティヴ(How Insensitive)」を収録。