>   楽器別   >   ピアノ   >   ロバート・グラスパー

ロバート・グラスパー (Robert Glasper)

ロバート・グラスパー『エヴリシング・イズ・ビューティフル』

ロバート・グラスパー
アメリカのジャズ・ピアニスト。
1978年4月5日テキサス州ヒューストン生まれ。
ヒップホップのエッセンスを取り入れた新しいピアノ・スタイルを追求している。

2000年、マーク・ホイットフィールド(g)のアルバム『ロー(Raw)』に参加。

2002年5月、ファースト・アルバム『ムード(Mood)』を録音。ボブ・ハースト(b)、ダミヨン・リード(ds)が参加。「処女航海(Maiden Voyage)」を収録。

2005年5月、セカンド・アルバム『キャンバス(Canvas)』(ブルーノート)を録音。ヴィセンテ・アーチャー(b)、ダミヨン・リード(ds)が参加。「ライズ・アンド・シャイン(Rise and Shine)」、「ライオット(Riot)」、「アイ・リメンバー(I Remember)」を収録。

2006年9~11月、サード・アルバム『イン・マイ・エレメント(In My Element)』を録音。ヴィセンテ・アーチャー(b)、ダミヨン・リード(ds)が参加。「G&B」、「F.T.B.」、「処女航海 | エヴリシング・イン・イッツ・ライト・プレイス(Maiden Voyage / Everything in Its Right Place)」を収録。

2009年8月、『ダブル・ブックド(Double Booked)』をリリース。ヴィセンテ・アーチャー(b)、クリス・デイヴ(ds)、デリック・ホッジ(el-b)、ケーシー・ベンジャミン(sax, vocoder)が参加。「ダウンタイム(Downtime)」、「シンク・オブ・ワン(Think of One)」、「バタフライ(Butterfly)」を収録。

2012年2月、『ブラック・レディオ(Black Radio)』(ロバート・グラスパー・エクスペリメント名義)をリリース。ケーシー・ベンジャミン(sax)、デリック・ホッジ(b)、クリス・デイヴ(ds)が参加。「アフロ・ブルー(Afro Blue)」(フィーチャリング・エリカ・バドゥ)、「チェリッシュ・ザ・デイ(Cherish the Day)」(フィーチャリング・レイラ・ハサウェイ)、「アー・イエー(Ah Yeah)」(フィーチャリング・ミュージック・ソウルチャイルド&クリセット・ミッシェル)を収録。

2013年10月、『ブラック・レディオ2(Black Radio 2)』(ロバート・グラスパー・エクスペリメント名義)をリリース。「コールズ(Calls)」(フィーチャリング・ジル・スコット)、「ユー・オウン・ミー(You Own Me)」(フィーチャリング・フェイス・エヴァンス)、「レット・イット・ライド(Let It Ride)」(フィーチャリング・ノラ・ジョーンズ)を収録。

2015年6月、ピアノ・トリオ・アルバム『カヴァード(Covered)』をリリース。ヴィセンテ・アーチャー(b)、ダミオン・リード(ds)が参加。「アイ・ドント・イーヴン・ケア(I Don't Even Care)」、「ソー・ビューティフル(So Beautiful)」、「ザ・ワースト(The Worst)」、「レヴェルズ(Levels)」を収録。

2016年5月、マイルス・デイヴィス(tp)のオリジナル音源をサンプリングしたアルバム『エヴリシング・イズ・ビューティフル(Everything's Beautiful)』をリリース。